VTIジャパンがロボットプロセス自動化RPAについてのフェア参加しました。

RPA(Robotic Process Automation)- 生産性の向上とリスクの低減のためのプロセスの改善が常に最優先事項において、特に日本市場は近年の自動車技術の新興のキーワードとなっています。

ソフトウェアや人工知能アプリケーションと駆使して、データ入力、注文の作成、アクセスの許可、さまざまなシステムとの継続的な接続を必要とする作業など、大規模なタスクを繰り返し実装します。

現在実装しているRPA案件として、我々のBrSEは主要なスキルをしっかりと把握し、顧客から直接要件を取得し、サービスを改善するためのソリューションを提供する必要があります。 これはやりがいの分野ですが、弊社に多くの開発の機会を齎すと考えています。

業種別により現在金融に関する案件が42%占めていますが、今年とも我々はこのRPA市場さらに深く挑戦したいと思っています。